自動車所有者が亡くなった場合の廃車

妊活のための食事、食べ物をご紹介します。

自動車所有者が亡くなった場合の廃車

●車の所有者が亡くなってしまったのですがどうしたらいいでしょうか?
通常であれば、所有者以外が手続きを行う場合は、委任状をかかなければいけませんが、亡くなられている場合は委任状も用意できませんし、基本的には遺産となりますので通常の手続きとは異なります。

 

もし車の所有者の方が、自動車以外にも財産をお持ちの場合と言うのは、弁護士などに依頼して遺産相続の手続きをすると思います。
その時に一緒に車の相続人も決めてしまうのを忘れないようにしてください。
廃車するほどの悪い状態の車であったり、自動車事故で亡くなられていても、自動車は買い取ってもらえて資産になる場合もあります。

 

また自動車以外のものは残っていないような場合でも、相続する際には相続権利のある人全員の印鑑証明や謄本などが必要になり非常に難しいので、できるだけ専門家に間に入って貰う方が良いです。
行政書士などは比較的安い料金でやってくれますので、行政書士はオススメできます。

 

 

●交通事故で亡くなった場合は?
交通事故で亡くなった場合、不謹慎なようですがご察しの通り基本的に動く場合でも買い手はつかないのでほぼ廃車になると思います。
ただ、廃車する場合でも、完全に動かせないような場合、とりあえず警察が保管していますので、警察署に相談すると業者を手配してくれたりしますので、まずは警察署に問い合わせてみましょう。
この時も最終的に完全にスクラップになりますので、遺留品などの取り忘れに注意しましょう。

メニュー
最新記事