授乳中にも必要な葉酸

妊活のための食事、食べ物をご紹介します。

授乳中にも必要な葉酸

葉酸は、妊娠前や妊娠中にしっかりと摂取していれば、出産後は摂らなくてもいいわけではありません。
葉酸は、赤ちゃんに母乳を与える授乳中も、母子ともに重要な働きをしてくれるのです。
そこで、葉酸と授乳についてご説明していきます。

 

〇葉酸と血液
葉酸は、赤血球を作るために重要な働きをしてくれる栄養成分なのです。
赤ちゃんに母乳を与える母親が、葉酸が足りていない状態でいると赤血球を作ることが出来ず、貧血に繋がり、母乳が出にくい状態になってしまうのです。
赤ちゃんは母親の母乳から栄養をもらっているのですが、母乳は粉ミルクと全く一緒ではありません。
母乳は、大雑把に言うと血液と同じ働きをしています。
授乳は赤ちゃんに血液を分け与えている状態とも言えるので、葉酸が足りないと母乳が出にくくなり、母乳の成分が栄養不足の状態だと赤ちゃんにしっかりと栄養が行き届きません。
そのため、授乳中の母親の体も、葉酸は必要不可欠と言えるのです。

 

〇赤ちゃんの成長にも
赤ちゃんはミルクを飲まなくなるまで口にするのはミルクだけで成長するので、そのミルクの栄養によって赤ちゃんの成長が大きく関わってきます。
また、成長が著しい時期で、細胞分裂が盛んにおこなわれてる時期でもあります。
細胞分裂が活発的に行われている時期は、葉酸を必要とする時期でもあります。
ですが、赤ちゃんはまだ自分の力では葉酸の摂取が出来ないので、ミルクから摂る必要が出てきます。
そのため、母親が葉酸を十分に摂取していないと、赤ちゃんの成長に問題が出てくる可能性が生じてしまうかもしれないのです。
これも細胞に関わる問題なので、遺伝子に悪影響が出ないように注意する必要があるのです。

メニュー
最新記事