葉酸が生み出す効果

妊活のための食事、食べ物をご紹介します。

葉酸が生み出す効果

妊娠中や授乳期間中のお母さんをはじめ、これから先に妊娠を希望している女性に必要不可欠と、厚生労働省からも推奨されている栄養素が葉酸です。
あまり馴染がないかと思いがちですが、本当はたくさんあるビタミンBの仲間なのです。
葉酸はホウレンソウの葉から見つかったのですが、別名ビタミンKとも言われています。
ではどうして葉酸が女性にとって必要になるのか、その効果をご説明します。

 

〇葉酸はどう働くのか
どうして葉酸は葉酸と言う名前が付けられたのでしょうか。それは、ホウレンソウの葉から発見されたビタミンだからなのです。
葉酸は主に、遺伝子であるDNAを組み立てたり、細胞分裂する際に必要となる核酸やチミンの合成にも必要不可欠な成分です。
細胞分裂の際に必要な栄養素なので、本当は女性だけではなく、万人の人に必要な栄養素なのです。
肌トラブルの改善やダイエットの際にも必要になる新陳代謝も、葉酸が無くては行われません。
赤血球や消化器官の粘膜を造る際にも、葉酸は必要不可欠なのです。
すなわち、足りなくなると血液が円滑に行われなくなり、貧血にも繋がります。
心臓病やガンを防ぐ事にも繋がるため、女性のみならず男性も効果が得られるのが葉酸なのです。

 

〇胎児の先天性奇形を防ぐ
葉酸の摂取を一番摂って欲しいのは、妊娠中、授乳中の女性です。
その理由は、胎児に送られる栄養に葉酸が足りていないと、先天性奇形を引き起こす可能性があるからです。
胎児は非常に速い速さで細胞分裂を行い、成長していきます。
中でも神経管は早期のうちに築き上げられるため、妊娠初期の間に葉酸不足になると神経管欠損症などの先天性異常が引き起こされるリスクが高まると考えられています。
なので、通常時よりも妊娠前、妊娠中、授乳中は意識して葉酸をたくさん摂ることが望ましいと言えます。

メニュー
最新記事